マイクロニードルでケア

「マイクロニードルって何?」
「マイクロニードルってどんな種類や効果があるの?」
「自宅で試せるマイクロニードルパッチについて知りたい」

マイクロニードルは、超微細な針の先に薬剤を含んで、体内に薬を投与できる技術で「痛くない注射」ともいわれています。
元々は投薬のために開発された技術ですが、これが最近では美容にも応用されており、その施術や商品が話題になっているのです。

この「マイクロニードル」の技術を使ったスキンケアについて、気になっている方も多いでしょう。

当サイトでは、マイクロニードルによる美容情報全般について詳しく解説しています。
さらに、自宅で簡単に試せるマイクロニードルパッチについてもご紹介しているので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

皆さんが安心してマイクロニードルのスキンケアを試せるように、当サイトがお役に立てれば幸いです。

マイクロニードルとは?種類や効果を徹底解説!

マイクロニードルとはマイクロサイズの(1/1000mm)の針のことで、もともとは薬剤を患部に浸透させるため医療用ワクチンに使われる技術でした。

具体的に説明すると、分子の大きな物質を肌に塗っても表皮(肌の1番上の層)で弾かれてなかなか浸透しません。
そこで、小さく細い針を肌に刺し、針から薬品を浸透させる
「薬物伝送システム(ドラッグデリバリーシステム)」としてマイクロニードルが開発されたのです。

マイクロニードルなら、必要な部分に薬品を届けられるため、近年では薬品を美容成分に置き換え、スキンケア用品など美容分野にも応用されています。
針で空けた穴から確実に美容成分を浸透させられるので、ニキビやニキビ跡、シワ、肌や毛穴のたるみケアなどに使用され、高いスキンケア効果が期待できると注目を集めている技術です。

マイクロニードルの種類

美容分野で使用されるマイクロニードルは、専門的な施術から手軽なスキンケアにまで応用されており、美容皮膚科、エステ、自宅でのセルフケアで試すことが可能です。

それぞれで行うマイクロニードルの施術には違いがあり、その効果や費用を踏まえて、どのケアにするか決めましょう。
では、それぞれの種類について、見ていきましょう。

美容皮膚科の施術

皮膚科のマイクロニードル

マイクロニードルフラクショナル
フラクショナルは、微細な点状の高周波を肌に当てる治療法です。
そこにマイクロニードル技術を応用して肌に小さな傷をつけ、傷から高周波を真皮層(表皮の奥)に届けて肌の弾力を戻すことができます。

痛みが少なくダウンタイム(施術後に肌の状態がもとに戻るまでの時間)も短いうえ、高い効果が期待できますが、1回の治療に約100,000円の費用がかかります。

マイクロニードル療法
マイクロニードル療法は、細い針をスタンプのように刺し、針に塗った成分を浸透させる治療法です。
針を刺した箇所には炎症が起こりますが、自然治癒力を利用して肌を若返らせる目的もあります。

やや痛みがあるもののダウンタイムは短く、1回約20,000円の治療を5回ほど受けると効果を実感される方が多いようです。

エステの施術

エステのマイクロニードル

マイクロニードルパック
マイクロニードルパックは、ヒアルロン酸の針がついたパックを顔に貼り、目元や口元に美容成分を届ける施術です。
その前後に、エステティシャンにより肌を整える施術が行われるので、より美容成分が浸透しやすくなります。

肌のハリや弾力を取り戻すために行われ、1回約20,000円の費用がかかります。

マイクロニードルローラー(ダーマローラー)
マイクロニードルローラーは、針のついたローラーで肌に微小の傷をつけて美容成分を浸透させる施術方法で、費用相場は1回30,000円です。
肌を傷つけることで成長因子を活性化させ、真皮のコラーゲン生成を促して肌を再生させることができます。

なお、先に説明したマイクロニードル療法の場合は、部位によって針を刺す深さを調整できますが、マイクロニードルローラーは調整ができません。
そのため針による傷が大きくなる傾向があり、ダウンタイムは約1週間と長めです。

自宅でのケア

セルフケアのマイクロニードル

マイクロニードルローラー(ダーマローラー)
マイクロニードルローラーは、自宅でのケアでも使用が可能です。
ネット通販では3,000円ほどでローラーを購入できるので、簡単に始められます。

ただし、ローラーと別に美容成分を購入する必要があり、さらに、麻酔クリームを使ったり針を消毒したりと、やや手間がかかるのが面倒です。

マイクロニードルパッチ
マイクロニードルパッチは針のついたシートです。
顔に貼るだけなので使い方が簡単で、痛みも少なく安全に使用できます。
また、使用頻度は週1回ほどで1回分の費用も約1,000円と安いため、自宅でのケアにおすすめです。

マイクロニードルパッチについて、詳しくは次の項目でご説明します。

自宅で簡単マイクロニードルケア!マイクロニードルパッチとは?

マイクロニードルパッチ

マイクロニードルパッチは、微小な針を敷き詰めたシートを目元やほうれい線などの気になる部分に貼って使います。

針自体が美容成分で出来ている点が最大の特徴で、マイクロニードルパッチを皮膚に貼ると、針が溶けて成分を角質層に浸透させることができます。

美容成分を直接肌に塗っても表皮に弾かれて浸透するのが難しいのですが、マイクロニードルパッチなら確実に美容成分を肌の奥に届けられるのです。
針と言っても神経に届くことがないため痛みはほとんどなく、ダーマローラーのように肌に傷をつけることもありません。

また、貼った後は放置しておくだけなので、手間がかからないのもパッチの特徴です。

このようにマイクロニードルパッチなら、美容皮膚科やエステに行かず自宅でも手軽に、そして安全にスキンケアができます。

マイクロニードルパッチの正しい選び方

続いては、マイクロニードルパッチの選び方をご紹介します。
マイクロニードルパッチにはいろいろな商品があるので、初めて試される方はしっかり確認しておきましょう。

公的機関が定める試験をクリアしている

まず重要なポイントは、公的機関が定めるガイドラインに基づいた試験をクリアしていることです。

公的機関が定めるガイドラインとは、厚生省やその関連機関などにより、化粧品の効果や試験についての基準や条件を記されているものです。
つまり、その基準や条件を満たしている商品は、安全性や効果を公的機関に評価されているということになります。

そのため、商品を選ぶ際には、そういった公的機関のガイドラインをクリアしている製品かどうかをチェックしましょう。

製造元・販売元が信頼できる

マイクロニードルパッチは、肌に傷をつけず痛みも少ない安全なスキンケア方法です。
とはいえ、医療技術を応用した商品ですから、信頼できる製造・販売元の商品を選ぶ方が安心できます。

そのためには、公式サイトに製造・販売元企業の情報が分かりやすく明記されているかどうかをしっかり確認しましょう。

逆に、どんな会社が製造しているのか分からないような商品は、安全面などを考慮して避けるべきです。

定期コースで購入できる

マイクロニードルパッチを選ぶ時は、定期コースで購入できるものがおすすめです。

その理由は、マイクロニードルパッチを1回使っただけでは肌の変化を感じにくいので、最低1ヶ月は続ける必要があるためです。
とすると、通常価格で何度も購入するより割引価格で購入できる定期コースの方がお得に続けられます。

さらに定期コースに加え、返金保証がある商品なら、肌に合わなかった際に簡単に返品・返金ができるので安心です。
「せっかく買ったのに肌に合わずに代金がムダになった」ということがないので、初めての方でも試しやすいでしょう。

おすすめのマイクロニードルパッチ3選

マイクロニードルパッチの効果や選び方が分かったところで、次はおすすめのマイクロニードルパッチを3つご紹介します。

いずれも公的機関の定める試験をクリアしており、信頼のできる会社が製造・販売を行っている商品です。
特徴や価格を比較して、あなたに合ったアイテムを見つけてください!

1. ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸Naをはじめ、加水分解コラーゲン、プラセンタ、EGF、コエンザイムQ10といった美容成分が豊富に使用されたマイクロニードルパッチです。
香料や着色料、パラベン、アルコールなど肌に刺激となる成分は不使用なので、敏感肌の方でも使うことができます。

製造・販売はさまざまな美容・健康商品を使う「北の快適工房」が行っており、公的機関からも評価されている点もおすすめポイントです。
具体的には、ヒアロディープパッチは日本香粧品学会のガイドラインに沿った「抗シワ評価試験」に合格しているほか、モンドセレクション2017・2018金賞を受賞するなど、高く評価されています。

内容量 8枚入り(4回分・約1ヶ月分)
使用頻度 1週間に1回
価格 単品購入:4,422円
お試し定期コース3,980円(継続縛りなし

返金保証 あり

ヒアロディープパッチ公式サイト


2. ダーマフィラー

ダーマフィラー

ダーマフィラーは、ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、エクトイン、パルミチン酸アスコルビンリン酸3Na、アデノシン配合の商品です。
抗シワ評価試験をクリアしているほか、テレビや雑誌で数多く取り上げられるなど、その効果や安全性の高さから、注目を集めています。
製造・販売元は、京都薬科大での活動から設立された「コスメディ製薬」で、同社が製造から発送までを行う完全日本製のマイクロニードルパッチです。

内容量 16枚入り(8回分・約1〜2ヶ月分)
使用頻度 1週間に1〜2回
価格 単品購入:12,190円
定期コース:9,752円(継続縛りなし)
返金保証 あり

ダーマフィラー公式サイト


3. イーチケアシート

イーチケアシート

イーチケアシートは、ヒアルロン酸をはじめ、肌再生成分のEGFを配合した商品です。
肌に潤いを与えつつ細胞の成長を促すことで、肌の若返りをサポートします。

そして、イーチケアシートには「医薬品臨床試験実施基準」をクリアした技術が採用されています。
医療現場で使用され、国際特許も取得しているので、安心して使用が可能です。

イーチケアシートは無添加処方ですが、他の商品より肌への刺激が強めです。
そのため、敏感肌の方の使用はお勧めできません。

内容量 8枚入り(4回分・約2週間分)
使用頻度 2〜3日に1回
価格 単品購入:8,800円
定期コース:初回 1,980円・2回目以降 6,980円(最低3回の購入が必須・総額15490円)
返金保証 なし

イーチケアシート公式サイト


おすすめはヒアロディープパッチ

おすすめのマイクロニードルパッチを3点ご紹介しましたが、中でもイチオシは「ヒアロディープパッチ」です。

ヒアロディープパッチ


ヒアロディープパッチは、当サイトでご紹介した3つのポイント
  • 公的機関が定める試験をクリアしている
  • 製造元・販売元が信頼できる
  • 定期コースで購入できる
すべてに当てはまるのはもちろん、そのコストパフォーマンスの高さも評価できます。

以下の表は、ケア1回当たりのコストを他の商品と比較したものです。
  価格 回数 1回あたりのコスト
ヒアロディープパッチ 3980円 4回 995円
ダーマフィラー 9752円 8回 1219円
イーチケアシート 15940円※ 12回※ 1291円
※イーチケアシートは、最低3回の継続が必須なため、合計回数・金額にて比較しています。

以上のように、ヒアロディープパッチのみ1回当たりのコストが1000円を切っており、他の商品に比べてお得です。

また、もしも商品を使っても効果が感じられなかったときの全額返金保証は、購入から25日以内となっているため、使い心地をしっかり体感できます。

上記のサービスが受けられるのは、公式サイト限定の定期便のみです。
そして、価格を他の通販サイトと比べた場合も公式サイトが最安値なので、購入するなら公式サイトのお試しコースがおすすめです。

ヒアロディープパッチ公式サイト


マイクロニードルでエイジングケアを始めましょう

マイクロニードルは、最先端の投薬技術を応用した美容法で、特にシワやほうれい線などの年齢による肌悩みをお持ちの方におすすめのケアです。

クリニック・エステ・セルフケアなど種類は様々ですが、中でもマイクロニードルパッチなら、自宅で簡単にお試しできます。
マイクロニードルパッチをお試しの際は、選び方に注意して、安全な商品を使ってください。

マイクロニードルパッチの中でも、当サイトのおすすめは「ヒアロディープパッチ」です。
お試しコースなら通常4,422円が3,980円で購入できる上、万が一の返金保証もついているため安心できます。

是非この機会に、ヒアロディープパッチによるマイクロニードルケアを始めてみてはいかがでしょうか?

ヒアロディープパッチ公式サイト

マイクロニードルで自宅ケアする方法

マイクロニードルで正しい方法で使うことが大切です。
「自宅でマイクロニードルを使いたい」とお考えの方は、使用時のポイントを押さえておきましょう。

マイクロニードルパッチの使い方

マイクロニードルパッチの基本的な使い方は、次の通りです。

  1. シートについたフィルムを剥がす(針に触れないよう注意する)
  2. 気になる部分にシートを張り付ける(目元に貼る時はシートの端を目から3mm以上離す)
  3. シート全体を上からやさしく押さえ、肌と密着させる
  4. 貼ったままの状態で5〜6時間放置する
  5. ゆっくりとシートを剥がす

使う部分としては目元や口元が一般的ですが、眉間やおでこなどにも使えます。
放置する時間が長いので、寝る前に貼って起きてから剥がすと良いでしょう。

マイクロニードルローラーの使い方

マイクロニードルローラーの使い方は次の通りです。
肌に傷をつける方法なので、手順を守って使いましょう。

  1. 使用する部位に麻酔クリームを塗って30〜40分待つ
  2. 麻酔クリームを洗い流し、使用部位とローラーの針を消毒する
  3. 気になる部位にローラーを当て、少し力を入れて転がす
  4. ローラーを当てた部分に美容成分を塗る
  5. ローラーを当てた部分を氷などで30分ほど冷やす
  6. ローラーの針を消毒する

なお、マイクロニードルローラーを使用した部分は、2〜3週間ほど紫外線に対して敏感になります。
肌トラブルを避けるために外出時は日焼け止めを塗り、室内にいる時もなるべく紫外線を浴びないよう注意してください。

マイクロニードルパッチを使う前に知っておくべきこと

マイクロニードルパッチを使う時は、手順を守る以外にも注意点がいくつかあります。
順にご紹介していきますので、確認しておきましょう。

保湿ケアを行った後に貼ること

マイクロニードルパッチは、化粧水や美容液で保湿ケアをした後に使いましょう。
というのも、マイクロニードルパッチの成分は、肌の内部にある水分に反応して溶け出す仕組みになっているからです。

肌をしっかり保湿してからマイクロニードルパッチを貼ると、有効成分が角層に浸透しやすくなるので、効果的なスキンケアができるでしょう。

しかし、乳液や保湿クリームを塗ったあとの肌に油分が多い状態では、マイクロニードルパッチが剥がれやすくなります。
マイクロニードルパッチを貼る際には、化粧品がしっかり浸透した後に貼り付ける、または、貼る部分への乳液やクリームの使用を少なめにしましょう。

貼った瞬間はチクチクする

マイクロニードルパッチを貼った後は、15〜20分ほどチクチクとした痛みを感じます。
マイクロニードルは微小の針を皮膚に刺す美容法なので、このチクチクは針を刺すことによるものです。
とはいえ、時間がたつと針から成分が溶け出してなじむので、ただのシートを貼っている感覚になります。
マイクロニードルパッチの針は神経まで届きませんから、強い痛みを感じることはないため、安心してください。

ヒリヒリするのは成分が浸透しているから

マイクロニードルパッチを貼るとヒリヒリした刺激を感じることがあります。
その理由は、針から成分が溶け出して肌に浸透しているからです。

これは、成分に含まれるヒアルロン酸が原因です。
ヒアルロン酸は、肌内部に浸透すると水分を吸収し膨らむという性質があります。
その時に皮膚から痛みを感じることがあるのです。
そのため、塗った後のヒリヒリは副作用などではなく、ヒアルロン酸が肌内部で働いているんだという認識でいてください。

使用頻度は守ること(毎日の使用はNG)

マイクロニードルパッチは、週に1〜3回のスペシャルケアなので、毎日使用してはいけません。
毎日使用すると肌に負担かかり、赤みや腫れなどの症状が出ることがあるため、使用頻度は守りましょう。

また、商品によって使用頻度は違うので、購入後は使用頻度を必ず確認してください。

肌に異変を感じたら使用をやめる

マイクロニードルパッチを使って肌に異常を感じた時は、ただちに使用をやめましょう。
いくら使用方法や頻度を守っていても、肌質や体調によっては肌トラブルが起こることがあります。

また、パラベンや香料、着色料などが無添加でも、他の成分が肌に合わず異常が出ることもあるので注意しましょう。

もし使用をやめても肌の状態が戻らない時は、皮膚科の受診をおすすめします。





効果はあった?マイクロニードル利用者の口コミ

ここからは、実際にマイクロニードルパッチを使った方の口コミをご紹介します。
「本当に効果はあるのか」「おすすめの商品はどれか」といった点を確認してみましょう。

目じりの小じわが目立たなくなった

40歳を過ぎてから目じりの小じわが気なりだし、コンプレックスになっていました。
エステに通ってスキンケアしたいとは思うものの、子供が3人いる我が家にそんな余裕はありません・・・。
アンチエイジング用の化粧品も試してみましたが効果はなく、半分諦めていた時に友人から「ヒアロディープパッチ」という商品を教えてもらいました。
マイクロニードルという技術を使ったシートなのですが、目じりに貼るだけで小じわを改善できると言うので試してところ、1ヶ月ほどでかなり小じわが目立たなくなったんです。
使うと肌の調子が良いので今も続けていますが、1ヶ月分が4,000円くらいなので、かなりコスパが良いと思います。
貼った後は少しチクチクしますがすぐに痛みはなくなりますし、肌荒れなんかも起こっていません。

アラフォー女性におすすめ!旦那も効果にビックリでした

30歳くらいまでは人に「肌がキレイ」と言われることが多かったのに、アラフォーになると変わりますね。
段々と目元にシワができたり、ほうれい線が目立つようになってきました。
シワに効果のある化粧品を探している時に、ネットでマイクロニードルパッチの存在を知り、おすすめされていた「NAVISION HA フィルパッチ」を購入。
針がついているからといって痛くありませんし、初めて剥がした時は肌のふっくら感にビックリしました。
3か月くらい使ったところで、かなりシワとほうれい線が目立たなくなり、「どうせ効かないよ」なんて言っていた旦那も驚いてましたね。
安いし使い方も簡単なので、アラフォー女性におすすめです!

エステに行くよりおすすめです!

私は「スパトリートメントiマイクロパッチ」を使っていますが、エステに行くより断然おすすめです!
目元に貼るとかなり肌が潤って状態が良くなりますし、何よりも安いのが嬉しいですね。
最初は痛そうだなと思ったんですが、貼った時にちょっとチクッとする程度なので、誰でも使えると思います。
4回分のセットが確か7,000円くらいなので、1回あたり1,700円くらいで効果を実感できます。
エステに行くと1回ウン万円かかることもあるので、絶対にコスパがいいと思いますよ。

口コミから分かったマイクロニードルのメリット・デメリット

実際にマイクロニードルパッチを使っている方の口コミをいくつか見ていると、次のようなメリット・デメリットがあることが分かりました。

■メリット
・低価格で効果の高いスキンケアができる
・比較的短期間で効果が分かる
・肌トラブルなど副作用がない(医療用にも使われるほど安全性が高い)

■デメリット
・貼った直後は少しチクチクとして痛みを感じることがある

マイクロニードルが気になっている方は、以上のメリット・デメリットを把握したうえで、一度試してみてはいかがでしょうか。

口コミで評判のマイクロニードルパッチ3選

では最後に、口コミで評価の高いマイクロニードルパッチを3つご紹介します。

ヒアルロン酸の針がシワを改善!ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチは、北の快適工房が販売するマイクロニードルパッチです。
ヒアルロン酸Naをはじめ、加水分解コラーゲン、プラセンタ、EGF、コエンザイムQ10といった美容成分が豊富に使用されており、シワの改善に高い効果を発揮します。
針の本数は1シートあたり750本で、ちょうど痛く長さ(200マイクロメートル)だという点も特徴です。
また、香料や着色料、パラベン、アルコールなど肌に刺激となる成分は不使用なので、敏感肌の方も安心して使えます。

■ヒアロディープパッチの販売価格(8枚入り・約1ヶ月分)
・通常購入:4,422円
・年間購入コース:3,538円
・3か月毎お届け基本コース:3,759円
・お試し定期コース:3,980円

ヒアロディープパッチ公式サイト


加水分解ヒアルロン酸Naが肌の奥に浸透!スパトリートメントiマイクロパッチ

株式会社ウェーブコーポレーションのスパトリートメントiマイクロパッチは、ヒアルロン酸を低分子化して浸透力を高めた加水分解ヒアルロン酸Na配合のマイクロニードルパッチです。
貼り付けるとニードルの先端部分が消える「生分解性マイクロ構造体」を採用しているため痛みを伴わず、有効成分がしっかりと浸透して肌のキメを整えます。
また、界面活性剤、防腐剤、香料、着色料、パラベンなどは一切使われていません。

■スパトリートメントiマイクロパッチの販売価格(8枚入り・約1ヶ月分)
・通常購入:6,800円
※美容通販総合サイト「シャンディ」にて特別価格で購入可

iマイクロパッチ公式サイト


1200本のマイクロニードルで目じりをケア!NAVISION HA フィルパッチ

NAVISION HA フィルパッチは、大手化粧品メーカーの資生堂が販売するマイクロニードルパッチです。
マイクロニードルパッチの認知度が低かった2011年から販売されており、多くの方に使用されています。
NAVISION HA フィルパッチの特徴は、ヒアルロン酸Na(100%)配合であること、1シートあたりのニードル本数が1,200本もあることです。
また、シートの面積が大きいために目の下全体に貼り付けられます。

■NAVISION HA フィルパッチの販売価格(6枚入り・約3週間分)
・通常購入:5,800円

HA フィルパッチ公式サイト

まとめ

医療用ワクチンとして使用されていたマイクロニードルは、近年では美容分野に応用され、マイクロニードルパッチとして多くの商品が販売されています。

マイクロニードルパッチは、週1回のスペシャルケアとして高いスキンケア効果を発揮するだけでなく、低価格で使用できる点がメリットです。
商品によっては貼った後に少し痛みを感じることがあるものの、医療用として使用されるほど安全性が高いので、安心して使用できます。

目元の小じわやほうれい線が気になり始めた方は、ぜひ一度試して効果を確認してみましょう。

ヒアロディープパッチ公式サイト